人気ブログランキング | 話題のタグを見る

国際交流研修IN台湾

9月8~10日、今期ブロックの大きな柱である国際交流研修IN台湾に行って参りました。
国際交流研修IN台湾_d0220714_8361468.jpg


東日本大震災から1年半。現地の復興はまだまだ時間がかかりますが、震災当時一番に
駆けつけ、一番大きな手を差し伸べて下さったのは台湾の方々でした。
そんんな台湾の方々に御礼の一椀を捧げようと研修旅行を計画しました。
国際交流研修IN台湾_d0220714_839474.jpg国際交流研修IN台湾_d0220714_8421369.jpg
しばらく前からの領土問題でぎくしゃくする中、多くの台湾の方々に御礼の一椀を差し上げる事が
出来たのは、現地の淡交会台北協會、北投協會の皆さんの今日までの積み重ねの賜物と、
心より感謝致しております。
当日は茶箱によるデモンストレーションの他、浴衣の着付け教室、お干菓子作り教室、点茶
体験教室をしつらえましたが、予定の30分以上前から行列ができ、オープンからどこも満員の
人人人・・・・・。
しばらく身動きがとれないくらいご来場頂き、感動で思わず涙があふれました。
国際交流研修IN台湾_d0220714_9151091.jpg
国際交流研修IN台湾_d0220714_917944.jpg
国際交流研修IN台湾_d0220714_9195142.jpg
国際交流研修IN台湾_d0220714_921215.jpg
















その後会場を移し、裏千家茶道と台湾茶芸の茶文化交流をさせて頂きました。
喫茶という同じ土台の上で両文化の共通点に感動し、違いに感動し、本当に楽しい研修を
することが出来ました。
国際交流研修IN台湾_d0220714_8585755.jpg
国際交流研修IN台湾_d0220714_92465.jpg










最終日ははオプショナルツアーで故宮博物院と飲茶を堪能。
皆さん大忙しでしたが、他のツアーでは絶対に味わえない旅だったと、大満足の三日間でした。
国際交流研修IN台湾_d0220714_95345100.jpg
国際交流研修IN台湾_d0220714_954683.jpg








人と人のご縁に支えられ、おてんとう様に支えられ、ご参加いただいた方、私たちの参加を
快く見送って下さった方々に支えられ、研修は大成功だったと思います。
今回は他ブロックからも7ブロック9名の方々がご参加頂きました。他ブロック行事への参加
という事で不安等多々あったかと思いますが、お茶という共通言語があり、青年部という
土壌があり、思いのベクトルが一方向を示した時、私たちは本当に大きな力を発揮できます。
今回結ばれた友情の輪が更に次の友情の輪へと日本中に、世界中に広がって行けばと
心より願っています。まさに、
『一碗からピースフルネスを』ですね。
# by awatayaki | 2012-09-22 10:07 | 青年部
8月4~6日広島でのブロック間交流フォーラムに行ってきました。
ブロック間交流フォーラムin広島_d0220714_741111.jpg

語りべの方の戦争体験のお話あり、行松先生のお菓子作り教室あり、
平和記念館見学あり、宮島をバックに野外でのバーベキューあり、
宮島へのナイトクルーズあり、その他本当に盛りだくさんの内容でした。
ブロック間交流フォーラムin広島_d0220714_7104281.jpg
ブロック間交流フォーラムin広島_d0220714_834330.jpg
ブロック間交流フォーラムin広島_d0220714_7211176.jpg
ブロック間交流フォーラムin広島_d0220714_724093.jpg
ブロック間交流フォーラムin広島_d0220714_7261697.jpg
ブロック間交流フォーラムin広島_d0220714_7274468.jpg
ブロック間交流フォーラムin広島_d0220714_7303558.jpg
ブロック間交流フォーラムin広島_d0220714_7322061.jpg
ブロック間交流フォーラムin広島_d0220714_7352275.jpg
ブロック間交流フォーラムin広島_d0220714_7372183.jpg








8月6日の原爆記念日、平和公園で我々の仲間は毎年式典参加者の方々にお呈茶をされています。
この日はあちこちで平和を祈る行事がされています。一度は子供たちを連れて来ようと思いました。
ブロック間交流フォーラムin広島_d0220714_7384687.jpg

最後の昼食。広島のシメはやっぱりこれで・・・広島の皆さん本当に有り難う御座いました。
ブロック間交流フォーラムin広島_d0220714_740620.jpgブロック間交流フォーラムin広島_d0220714_7453356.jpg
# by awatayaki | 2012-08-22 06:58 | 青年部
第4回サマーコンファレンス参加者の皆さまへ_d0220714_3133976.jpg

こんにちは。連日猛暑続きですが、如何お過ごしですか?体調を崩されたりされていませんでしょうか?熱中症にくれぐれもならないようにご注意頂き、早め早めに水分補給等よろしくお願い申しあげます。

さてこの度は第4回サマーコンファレンスにご参加頂き本当に有り難う御座いました。特に今回初参加の方には期待と不安の中お申し込み頂いたサマコンだったと思いますが、実際にご参加されてみてご感想は如何でしたでしょうか?
私のもとには「とても楽しかったです」「お茶好きのたくさんの友達が出来ました」「次も参加したいです」等々沢山の喜びのお声を頂いております。メールのやり取りも続いているグループや中にはもう来年の同窓会を予定しているグループもあるそうで、友情の輪がどんどん広がっていっている様子が手に取れます。
現在、裏千家ホームページにはトップ画面のトピックスでサマコンのことが取り上げられていて、読み進んでいくと沢山の写真と共に内容が掲載されています。ご自身やご友人もあちこちに見え、あの感動が再び蘇ってくるでしょう。ぜひご覧ください!

http://www.urasenke.or.jp/textm/headq/event/seinen/smconh24/pgm/pgm.html

ブロックナイトで初めて知り合った方も今後いろいろなブロック行事に参加してみるとそこここに知った顔があり、ブロックがより身近になられることと思います。青年部・ブロック・グループ・・・いろいろな縦糸と横糸、中にはナナメの糸などが有機的に結び合い、青年部活動がどんどん楽しくなることと思いますので、今後も積極的に行事にご参加下さいね。
そして、どうかこの出会いと感動・気付きの数々を今回参加出来なかった方々にお伝え下さい。更に次回のブロック行事や全国大会・サマコンにはそのお友達も連れてご参加下さい。次はあなたから新たな友情の輪が広がりますことを心より願っております。

さて一つご提案があるのですが、この機会にお家元に御礼状を認められるのは如何でしょうか?普段お家元にお手紙を出される方はないでしょうし、「私なんてそんなことしたらダメなんじゃないかな?」と躊躇されるかも知れませんが、皆さんからの生きたお声は大変お喜びになられますので、頑張って挑戦してみて下さい。お手紙の書き方が解らなかったらお尋ね下さいね。

一社中に留まらず青年部に出てきて下さった皆さま。青年部活動を通じたお茶の魅力を体感したら、それをお社中に持ち帰り、先生や同門のお友達に伝えましょう。そしてまたいろいろな行事に参加することでお茶に対する見識を自ら益々高め、ステキなお茶人さんになっていって下さい。

近畿第一ブロック
ブロック長 安田浩人
# by awatayaki | 2012-08-03 03:29 | 青年部
淡交会青年部第四回サマーコンファレンスが東京ドームホテルで開催されています。
第四回サマーコンファレンス_d0220714_86139.jpg

昨日初日を終え、今日は二日目。
中田英寿さんや牧瀬里穂さんのお話等もあり楽しみです。
# by awatayaki | 2012-07-22 08:10 | 青年部

マナー教室

日曜日朝から久しぶりにマナー教室のお手伝いに行って来ました。マナー教室とはガールスカウトの小学生たちに略盆のお点前を7回のカリキュラムで教えさせて頂く教室です。
マナー教室_d0220714_2404489.jpg

思い返せばその昔、新しい青年部になるというので一旦離れていた青年部に再入会して、いきなり委員長のお役が回ってきました。今の言葉で言えばいわゆる「無茶ぶり」ですね。有無も言わさず資料がドンと送られてきて、部長から「取り敢えず委員会を開いて下さい」のちっちゃなメモ書き・・・(-_-;)
委員長だとか委員会だとか、そんな事やったことなかったのに、何とか会場をおさえ、アジェンダを作り、委員の方々に連絡を取って来て頂き委員会を開催しました。
その後多くの方々に支えて頂き、結局2期4年委員長を勤めさせて頂きました。
担当を外れても時間が許せば出ていましたが、だんだん出席回数も少なくなり昨年は0回、今年は何とか今回参加させて頂きました。
マナー教室_d0220714_2434716.jpg

久しぶりに教える側に立つと、ともすると省略しがちなところをきっちりやらねばならず、こちら側が本当に勉強になります。また、子供たちの吸収の速さには毎回驚かされます。
私が担当していた頃はこの教室を年に2クール開講。1クール約45名×2回=毎年90名ほどの子供たちが受講していましたが、希望者多数で受講できない子供たちがいました。
今は1クールのみで生徒もリピーターや以前は教えなかった4年生の子供たちまでもが受講。それでも生徒数も30名ほどと、なかなか定員に達しません。あまり少ないと会計的にも大きく赤字の出てしまう行事となってきてしまいました。
これも時代の流れかも知れませんが、何かの形で次の世代の日本人に、日本人としての日本の良さを伝えて行きたいと思います。
# by awatayaki | 2012-07-13 02:52 | 青年部